医療機関の治療で大事になってくるのは

医療機関で患者は適切な治療を受けたい

体調が悪くなったら医療機関へ行くというのが一般的ですが、医療機関の治療で大事になってくるのは、いかにして適切な治療を受けられるか?
そして、適切な薬を処方してもらえるのか?ということです。

 

たとえば、腹痛で医療機関を訪れたとき、それが内科系の病気なのか、外科系の病気なのか、
整形外科系のケガなのかということは、素人ではなかなか判別しにくいです。
素人ではただ単に「お腹が痛い」という表現しかできませんので、それ以上詳しいことが自分でも良くわかっていないからです。デパスジェネリック通販

 

そんな状態で医療機関を訪れるわけですから、医療機関の人間はまず何が原因で腹痛が起こっているのかを即座に特定し、
適切な治療を行なったり、薬を処方したりしなければならないのです。

 

あくまで個人的な見解ですが、新人の医師というのは経験が浅いため、痛みや症状の出ている原因の特定にとてもモタついてしまいます。
そうした原因の特定は消去法で行なうのでしょうが、範囲の絞込みが甘いため時間がかかってしまうのです。

 

いかに頭に知識を詰め込んでいたとしても、実際の現場ではやはり経験が大事ですから、そうして経験を積むしかそのスピードを早くすることはできないのです。
痛みや症状の原因特定はスピードが早いに越したことはありませんが、それでも最終的に適切な治療や、薬の処方ができていればそれでOKです。

 

逆に怖いのは、間違った治療や薬の処方をしてしまうことで、それだけは医療関係者が気をつけなければならない点です。
もしもそこで間違った治療や薬の処方をしてしまったら、守られるべき健康が守られなくなってしまいます。レビトラジェネリック

 

それは、治療を受けた患者からすればとても心外でしょうしあってはならないことです。
ですから、医療関係者にはまず適切な治療や薬の処方ができるように努力して欲しいですし、それができたら今度はなるべくそこに至るまでのスピードアップを図って欲しいです。とてもわがままなですが、患者はそれを願っています。

30代を過ぎてからというもの、月経周期が短く、20周期で生理が起きるようになってしまいました。その20日周期の生理の直前には、不正出血もあったので、少し心配になって婦人科で定期的に健診を受けるようになりました。
「自分では、生理だと思い込んでいましたが、実は子宮体癌による出血であった」などということのないように子宮体癌健診を受けることにしたのです。

 

子宮体癌の細胞診は、クラス2でした。良性ということで殆ど心配はしなくても良いとのことで安心しました。
それでも半年に一度は同じ検査を受けて、これがクラス3に移行しないかどうかを必ずチェックするようにしています。シアリス体験談

 

検査を始めてもう1年以上経ちますが、相変わらずクラス2のままで特に治療は必要ないと先生には言われています。
それでも心配性の私は、何か手を打っておいたほうが良いのではないか?と気になってしまいます。

 

万一、クラス3が出た場合は、一旦子宮の内膜を全て綺麗にするために低容量ピルを飲んで子宮内膜を一掃した上で、もう一度細胞診をすると聞いています。
現在はクラス2ですが、低容量ピルは、それ自体に子宮体癌のリスクを下げる効果があるという話を聞いたことがあるので、処方を頼もうかどうしようかと悩み、先生に相談したことがあります。

 

先生は、まだ妊娠出来る年齢である私に積極的には低容量ピルを薦めたくないようでした。
私はもう子供がいるので特に妊娠は希望していないと伝えたのですが、それでも出来るだけ自然な形で健康を維持したほうが良いという考え方なのかも知れません。

 

また、低容量ピルを飲むぐらいであれば、中容量ピルのほうが医療費が安くで済むことなども説明してくださいました。
中容量ピルは、副作用が大きいのではないか?という不安があったのでそれも尋ねてみると、低容量ピルと殆ど変わらないので神経質にならなくても大丈夫とのことでした。もし中容量ピルを試して、辛ければ低容量ピルに替えれば良いという考えのようです。シアリスジェネリック

 

最近はネットで色々な情報を仕入れることが出来ますが、私は、現場で何十年も患者を診ている先生の生の声を信じて、暫くはこのまま経過観察のみでいくことにしました。

私は、エステに興味がありました。自分からエステの扉を開く勇気もなく どうしょうかなぁ?って悩んでいました。

 

ある日、家に電話が掛かって来て、エステの勧誘、一日無料体験の話でした。
若い男性からの電話で、話しやすく時間も気にせず、話しをしました。

 

私が、「どうやって家の電話番号調べたんですか?」と聞くと、「それはねぇ……。中学、高校の卒業アルバムから、最初から電話してるんですよ」と、答えが返って来ました。

 

また、男性は、「友達の◎◎チャンもエステに来ているよ」と言われ、「友達がやってるのかぁ。私も行かなくちゃ。友達より、綺麗になってやる。」と思いました。
その男性は、エステで、電話のバイトをしていたのです。

 

どれだけの、人を集められるか。エステって聞いて、若い女性なら興味ない人は、いないと思います。
私は、その頃すごく太っていてコンプレックスみたいな感じだったんで、即、無料体験に行きました。

 

無料体験の日は、朝からやや緊張してました。
けど、友達もいるから大丈夫!店に行けば、友達と会えるから…そんな考えでした。

 

いざ、店に行くと、友達の姿はなく、担当者らしき女の人が迎えてくれました。
電話の男性の姿もなく…。一人不安でした。部屋に入るまで、お客とは誰にも会いませんでした。

 

個室に入ると、まず、たわいのない話しで、リラックスをさせて、緊張が無くなりました。
カウンセリングが始まり、いくつかの項目に、○、×をつけ、身長、体重を測り、体脂肪を測りました。

 

その結果によって、痩身の内容が違います。

私は、虫のアレルギーを持っています。
昔はそのことを知らなかったので、たくさん虫に刺されるな、治り遅いなと思っていた程度だったのですが、少し大きくなった頃に、自分は虫のアレルギーだと知りました。

 

小学校の野外活動の帰り、みんな虫に刺されていたので、市販の虫刺されの薬をみんなで回して使っていたのですが、次の日、虫刺されの薬を塗った部分に私だけ水ぶくれができていたのです。
私はいつも皮膚科で処方されていた薬を使っていたのですが、野外活動のときはそれを忘れていて、かつ自分が虫のアレルギーであることも知らず、何も疑問に思わずに市販のものを使っていたのです。

 

後で聞いたところによると、母は私がアレルギー持ちだということを知っていたみたいです。
私が小さいなら分かりますが、もうそれなりに大きいのですから教えて欲しかったです。

 

結局、水ぶくれの水を抜き、化膿止めを飲みという生活をしていました。
一日二日で治るものでもなく、ずっと痛痒かったです。

 

処方された薬を忘れた私が悪いのでなんとも言えないのですが、アレルギーのことを言ってくれたせめて市販の薬は塗らなかったのになと思ってしまいました。
それからはずっと処方された薬を塗るようにしています。
今でこそ虫のアレルギーというのはメジャーですが、私が子供のころは虫のアレルギー?なにそれというかんじでした。

 

刺されると凄い範囲で腫れたり熱が出たりすることもありましたし、アレルギーが原因で内臓系の病気になったりもしたので、虫が多い場所はなるべく避けるようにしました。
学校のプールがその例です。

 

当時の担任の先生が体育の先生でもあったのですが、「この学校のプールは虫が多いからプールサイドにも来るなよ」とのことだったので、私はいつもプールの時間は保健室にいました。
プールサイド以前に水着は肌を露出しているから危ないとのことで見学しようと思っていたのですが、まさか保健室にまで隔離されると思いませんでした。

私の旦那は昨年31歳という若さで胃がんになりました。がんというと中高年の病気というイメージを持っていて、こんなに身近な若い人がかかるとは思っていなかったのでとてもビックリしました。
旦那の胃がんは急激に進行するタイプで、半年前には胃カメラにも写っていませんでした。

 

早期だろうと言われたのですが、実際には進行している状態で、すぐに手術で胃を切除することになりました。
旦那のがんの場合は、手術が適用になったのですが、もっと進んでいる場合には、抗がん剤でがん細胞を縮小するようにしてから小さくなったら手術をするという方法がとられているようでした。バイアグラジェネリック

 

またステージが進んでいた場合には、手術後に再発防止のために抗がん剤治療をすることも多いとのことでした。
旦那は何とか術後の抗がん剤治療をしなくても済みました。
医師からは最初はするという方向で進められていましたが、最終的にはなしになり、どうしようかというぎりぎりのラインだったように思います。

 

抗がん剤と言うとよく効くのかなと思いますが、実際には効かないケースも多くあり、万能薬ではありません。
術後の使用においては、5年間のうちに亡くなるといったケースを、10%減らせるというようなものです。

 

効果が確実にあるとわかれば、旦那のケースでも希望しましたが、効果があるかわからない、高額である、副作用もかなり強いということを考えて踏み切りませんでした。
もちろん効果があった人にとっては奇跡のような薬だと思いますし、自分が手術できない状態になると飲むと思います。

 

でも今後医療が進んで、もっとがんが治るような抗がん剤が開発されたら良いなと強く思いました。
今の日本ではがんで亡くなる人が、非常に多いです。

 

より効果のある抗がん剤の誕生を待っている人はたくさんいると思いますし、そういった人に早く良い薬が出てきたら良いなと思います。
旦那の再発防止にもより効果があり、副作用が少ない薬が出てきたら良いのにと願っています。

私はこの夏、大腸けいしつ炎という病気の疑いで長い間苦しみました。
まず、右の下腹部痛と38度以上の高熱が出たので、盲腸ではないかと思い、かかりつけの内科に受診しました。

 

そこでエコー検査を受け、盲腸ではなくけいしつ炎だろうということで、クラビットという抗生物質を5日間処方されました。
それでいったんは治ったように思ったのですが、1週間ほど経つと、またおなかの痛み、35度5分くらいの微熱、そして頭痛が加わったので、受診を続けました。

 

先生は「念のため、大きな病院でCT検査を受けてみましょうか」とおっしゃり、紹介状を書いてくださいました。
私はそれを持って、大病院へ行ったのです。そこの消化器内科の先生は、紹介状だけ見て、私のほうは全然見ずに、「では検査をしましょう」と一言だけ言って、CTの検査室に回されました。バイアグラ通販

 

私はその先生が冷たいような気がして、今後あまりお世話になりたくないなと思ったものです。
CT検査は異常なく、血液検査の白血球の数値も正常範囲、炎症反応もまったくないというのに、私の腹痛、微熱、頭痛は少しもとれませんでした。

 

そして毎日しんどくて、寝たきりに近い生活を送っていました。
内科の先生は「西洋医学的には何の問題もない。あまり神経質にならずに過ごしなさい。また秋になったら治るでしょう」と軽く言われます。

 

私はこんなに調子が悪いのに、秋まで待てないと思いました。
そして、西洋医学では何ともならないのなら、漢方を試してみようと思い立ちました。

 

インターネットで近くの地域にある漢方医を検索し、迷いましたがここと決めて、思い切って受診しました。先生は女医さんで、私の体と心の状況をしっかりと調べてくださいました。そして、桂枝加竜骨牡蛎湯という漢方薬を処方してくださいました。

 

それを2〜3日続けて飲むと、私の症状は軽くなっていきました。薬が効いたのか、もう治る時期が来ていたのかよくわかりませんが、ともかくその女医さんには助けていただいたと心から感謝しています。

おすすめサイトご紹介